クレンジングで毛穴をキレイにする方法とは?

この記事は約 726 秒で読めます。

鏡を見て、毛穴がはっきりと見えたとき、なんとも言えないショックな気持ちになりますよね。毛穴が目立つ原因はさまざまありますが、クレンジングを見直すことで、見違えるようにキレイになる可能性があります。そう、間違えたクレンジング方法が、毛穴を目立たせている場合があるんです。

ここでは、毛穴のキレイにするクレンジングの選び方についてご紹介したいと思います。

クレンジングをする目的とは?

クレンジングの目的は、皮脂やファンデーションなどの油性の汚れを落とすことです。

ノーメイクやメイクが薄い方は、クレンジングをしなくても洗顔だけで汚れを落とすこともできます。しかし、発色のよいアイシャドウや口紅、崩れないファンデーション、ウォータープルーフのマスカラなどは、洗顔料のみでは落としきれないのでクレンジングをする必要があります。

クレンジング剤の成分とは

油性のメイクを落とすことができるのは、同じ油性成分になります。その油分を水と中和させるのが「界面活性剤」。クレンジングには、油性成分を界面活性剤が主な構成成分になります。

この油性成分と界面活性剤の配合のバランスによって、オイルタイプ、ミルクタイプなどといったように、クレンジングの種類は変わります。

毛穴をキレイにするためのクレンジングの選び方

間違えた方法のクレンジングを繰り返すことで、毛穴が目立ってしまうことがあります。クレンジング選びの大前提は「肌に負担をかけずにメイクを落とすこと」です。

クレンジングは、使い方や種類を間違えると、必要以上に肌のうるおいや皮脂を奪い、毛穴を目立たせてしまいます。ただ、クレンジングと言っても、オイルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプなど、いろいろな種類があって、何を使ったらよいのかわからないといったこともあるのも事実です。

各クレンジングの特徴を知って、肌質やメイクの濃さに合わせたクレンジングを選ぶことが大切です。それでは、各クレンジングの特徴をみていきましょう。

オイルタイプ 最もメイクを落とす力が強いタイプ。油性成分、界面活性剤が多く配合されているものが多く、肌へのダメージが強いものが多い。
乳液(ミルク)タイプ 肌へのダメージが比較的やさしいが、その分、洗浄力も弱い。
ジェルタイプ ジェルが白濁したもの(乳化タイプ)はクリームタイプに近く肌にやさしいが、ジェルが透明なものは界面活性剤が多く肌への負担は大きい。
リキッドタイプ 油性成分が少なく、界面活性剤は多い。
クリームタイプ 油性成分と界面活性剤のバランスがよいものが多いのがこのタイプです。比較的、肌への負担は少ないです。
拭き取りシートタイプ 簡単に拭き取るために界面活性剤を多く含んでいる。拭き取りの摩擦で刺激も多く、しみの原因となることもあります。
バームタイプ 固形のバームが、肌にのせると体温で溶けてオイル状になるもの。洗浄力は弱めだが、肌にはやさしい。

正しいクレンジングの方法とは?

クレンジングで気をつけたい3つのポイント
1 汚れを落とすクレンジングの選び方
2 毛穴の汚れをキレイに落とす正しいクレンジング方法
3 正しいクレンジング方法

毛穴の汚れや黒ずみがクレンジングで落ちない原因

正しいクレンジング知識で汚れを落としきる

アイメイクはこすらず優しくが基本

アイメイクを落とすときの注意点は、「丁寧にやさしく落とすこと」です。目もとの皮膚は薄く、刺激に弱いからです。

コットンにたっぷりのアイメイク専用のリムーバーを含ませて、まぶたの上におきます。10秒ほどで、アイメイクが浮いてくるので、そっとなでるように拭き取ります。

マスカラをオフするときは、まつげをコットンではさみ、力を入れずに下にすべらせると簡単い拭き取ることができます。目尻のキワなどの落としにくい部分は、コットンの角を使って落としてください。

メイクを落とさず寝るのは絶対ダメ

仕事や家事、子育てで忙しく、後でメイクを落とそうと思っていたらつい朝まで寝てしまった…。そんな経験がある人は多いと思います。しかし、メイクを落とさずに寝ることは、肌の老化を加速させる原因の一つです。

メイクを落とさずに寝てしまうと、一晩で3歳も歳をとるともいわれています。もちろん、3歳老けるというわけではありませんが、それほど肌によくないということです。

メイクアイテムの中でも、とくにファンデーションは肌との密着性を高めるために、油性成分や顔料が多く配合されています。それらを放置していると、汗や皮脂と混ざり合い活性酸素をだし、過酸化脂質に変化します。その汚れが毛穴に入り込むとターンオーバーがスムーズに行かなくなり、結果、肌の老化へとつながります。

顔ダニ発生の原因にも…

毛穴に詰まった皮脂や油は、ニキビや肌荒れの原因になる以外にも、顔ダニ発生の原因にもなります。

顔ダニは、98%の割合で人の顔に生息し、わずか10〜14日で卵からかえって繁殖します。ある程度は、それほど気にする必要はありませんが、顔ダニの量が増えると、皮膚炎を引き起こすことも。

顔ダニを繁殖させないために、寝る前にはしっかりとメイクを落とす必要があります。

メイクを落とさず寝てしまったときの対処法

それでもうっかりメイクを落とさず寝てしまった場合は、まずはお風呂に入るか、蒸しタオルを当てましょう。

お風呂で毛穴を開き、汗をかいて老廃物を排出させ、皮膚のサイクルを正常に戻しましょう。入浴が難しい場合は、蒸しタオルで顔を3分ほど蒸して、毛穴を開いてから、クレンジングや洗顔を行ってください。

蒸しタオルのつくり方は以下の記事を参考にしてください。
黒ずみ毛穴の原因と、必ずキレイになる黒ずみ毛穴ケアとは?

イラスト挿入

1)まずは、入浴か蒸しタオルで毛穴を開く

2)毛穴が開いたら、クレンジングと洗顔をする

3)その後、しっかりと肌を保湿する

しっかりメイクの場合はナチュラルアロマクレンジングがおすすめ

メイクが薄い場合は、洗浄力の弱いミルクタイプやバームタイプで十分メイクを落とすことができますが、リキッドファンデーションなどでしっかりとメイクをしている場合は、オイルタイプのクレンジングがおすすめです。

ナチュラルエレメンツでは、植物オイルを配合したナチュラルアロマクレンジングがおすすめです。

上質な植物オイルをベースに、プロテオグリカンなどの天然成分を多彩に配合。メイクとなじみがよく濃いメイクもサッと浮かせてスッと洗いながします。肌に必要なうるおいを逃さず、しっとりとした洗い上がりを実現します。

界面活性剤も植物由来のものを採用した、肌にやさしいクレンジングオイルになります。

ナチュラルアロマクレンジングの
詳細へ

TheBeauty編集部

3,631 views

The Beautyは、うるおいに満ちた大人の艶肌をつくるスキンケアブランドのナチュラルエレメンツが運営しています。 このサイトでは肌に関するQ&A...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。