ありがち毛穴トラブル3種類!それぞれの原因と対策

この記事は約 85 秒で読めます。

年代を問わず誰もが気になる毛穴。肌悩みランキングでも、各世代の上位に必ずランクインしています。しかし、ひとことに毛穴といっても、年齢や肌質によって、毛穴が目立つ原因は違いますし、有効なケア方法も異なります。

ここでは、代表的な毛穴トラブルの3パターンの原因と対策方法をご紹介したいと思います。自分の毛穴がどのタイプに当てはまるのか、照らし合わせながら読み進めて、ぜひ対策方法を参考にしてくださいね。

毛穴トラブルの原因は主に3種類ある

起こりやすい毛穴トラブルは、大きく分けて3種類あります。まずは、クレンジングなどのケア不足が原因の「毛穴詰まり」。そして、コラーゲン減少などの老化の進行が原因の「たるみ毛穴」。最後に、肌質や皮脂の過剰分泌で開いてしまう「開き毛穴」。

毛穴自体は、誰もが同じ構造ですが、肌タイプや年齢、不十分なケアが原因で毛穴トラブルは起こります。

それでは、それぞれの毛穴の特徴と対策方法をもっと詳しくみていきましょう。

詰まり毛穴

詰まり毛穴の特徴

10〜30代前半の比較的若い世代に多く、Tゾーンを中心に起こる毛穴トラブルが「詰まり毛穴」です。

毛穴に詰まったものの正体は、皮脂と角質が混ざり合った角栓です。この角栓は、指で触れるとザラザラとした感触があり、化粧水の浸透も悪いと感じることがあります。

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れることで詰まりが悪化したり、詰まりが発展してニキビになってしまうことがあります。

詰まり毛穴の対策方法

詰まり毛穴のお手入れ方法としては、ピーリングや酵素系洗顔、角質ケア剤などが効果的です。また、化粧品選びも大切です。毛穴詰まりを起こしやすい化粧品やメイク製品を使用すると悪化しやすいので、化粧品を選ぶときは、「ノンコメドジュニック」と記載があるものを選びましょう。

ノンコメドジュニックとは、毛穴の詰まりが発生しやすいのかテスト済みの製品のことを言います。このような製品を選ぶことで、毛穴詰まりのリスクを軽減することができます。

栄養面では、葉酸、ビタミンB6が不足すると、肌のターンオーバーが遅くなり、毛穴の詰まりにつながりやすくなります。即効性を求めるのなら、エステでのバキュームや吸引などが非常に有効なので、時にはプロの手を借りることもおすすめです。

エステのプロがおすすめする詰まり毛穴のホームケアクレンジング・洗顔をした後に、家庭用スチーム、またはホットタオルを顔に数分当てて、顔の毛穴を開きます。肌を温めて、毛穴を開いたら、タンパク質を分解する作用のある角質ケア剤でスキンケアを行なってください。角栓が取れやすくなり、自宅でもエステの再現に近い形でケアをすることができます。ケアの後は、しっかりと保湿ケアをすることを忘れないでくださいね。

たるみ毛穴

たるみ毛穴の特徴

たるみ毛穴は30代前半〜30代半ばくらいから徐々にあらわれ始めます。たるみ毛穴は、頬の内側にあらわれ、毛穴の形がしずく型なのが特徴になります。

たるみ毛穴は、肌の奥の真皮層のコラーゲンが、紫外線の影響や老化によりハリや弾力が失われ、毛穴がしずく型に垂れ下がってくることが原因になります。肌タイプ問わずに、年齢とともにあらわれます。

たるみ毛穴の対策方法

たるみ毛穴は、毛穴自体をケアするというよりは、真皮層に働きかける対策をすることが有効です。

コラーゲンを増やす成分や、EGFやFGFなど、肌の再生効果のある成分を配合した化粧品や、イオン導入やポレーションといった肌の奥にまで働きかける機械に頼るケアも効果的です。また、顔の筋肉のたるみが、たるみ毛穴を悪化させることもあります。顔ヨガや顔の筋トレを取り入れることもおすすめです。

糖質の取りすぎや、タンパク質不足でも、たるみ毛穴は進行するといわれています。その他、紫外線の影響でたるみは進行していくので、1年を通して日焼け止めは塗るようにしましょう。

エステのプロがおすすめするたるみ毛穴のホームケアきつめのポニーテールをしたときに、キュッと毛穴が締まるようなら、たるみ毛穴のサインです。頭皮をほぐしたり、リフトアップすることで、たるみ毛穴も目立ちにくくなります。耳周り、髪の毛の生え際を引き上げるように、ほぐすマッサージを取り入れるのも効果的です。

開き毛穴

開き毛穴の原因とは?

開き毛穴は、皮脂の過剰分泌が原因です。オイリー肌の方や、10〜20代に多い傾向があります。

開き毛穴は、遺伝子的要素も関係しますが、脂質の取りすぎやビタミンB群の不足が、皮脂の過剰分泌につながることもあるので、油っぽいものを取りすぎず、バランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

開き毛穴の対策方法

開き毛穴に有効な対策方法は、余分な皮脂を取り去るために、皮脂吸着作用のあるクレイパックやチャコール入り洗顔、毛穴を引き締めるコカのある収れん作用のある化粧水の使用、こまめに余分な皮脂をテッシュオフする対策が効果的です。

また、クレンジングや洗顔が不十分だったり、メイクをしたまま寝たりするなど、皮脂を長時間放置すると、皮脂が酸化したり、シミやくすみ、ニキビなどの肌トラブルを誘発します。メイク製品、スキンケア製品ともに、油分の多く含まれる化粧品は避けて、皮脂吸着をコントロールするアイテムを取り入れるようにしましょう。

開き毛穴は、スナック菓子やファストフード、揚げ物などの酸化した油をできるだけ避けるなどの配慮が必要です。ビタミンB2、ビタミンB6の不足、脂質、飽和脂肪酸の取りすぎは、皮脂の過剰分泌につながるので、食事面からアプローチすることもおすすめです。

エステのプロがおすすめする開き毛穴のホームケア毛穴は温度によって、開いたり、締まったりする機能があります。クレンジングや洗顔時に、スチームやホットタオルで肌を温め、化粧水や乳液などのお手入れのあとに冷たいタオルなどで肌を冷やす。

このように、「温→冷」のケアを繰り返しすることで、毛穴を開閉する立毛筋を鍛えることができ、毛穴の引き締めにつながります。このケアは、肌のくすみ改善やメイク崩れの予防にも効果的です。

あなたはどの毛穴タイプでしたか?毛穴トラブルに悩んでいる場合、自分の毛穴タイプにあったケアをすることが大切です。自分に合ったスキンケアや食事で改善することやコントロールすることが可能です。ぜひ、ここであげたケアを参考に、毛穴トラブルゼロの肌を目指して習慣化してみてくださいね。

どの毛穴トラブルにも対応する成分がビタミンC誘導体!

詰まり毛穴、たるみ毛穴、開き毛穴と、どのタイプの毛穴にも効果がある成分がビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体に関しては、こちらの記事に詳しく紹介をしていますので、あわせてご覧ください。

ビタミンC誘導体の種類とそれぞれの特徴とは?

ビタミンC誘導体は、皮脂の分泌を抑える効果や、紫外線ダメージを修復する抗酸化作用、コラーゲン産生を促す効果など、さまざまな効果がある優秀な美容成分になります。

ナチュラルエレメンツでは、ビタミンC誘導体を高配合したバランシングセラムCという高濃度美容液がありますが、いつものスキンケアにビタミンC誘導体が配合された化粧品を取り入れることも、毛穴対策には有効です。肌の悩みに合った化粧品を取り入れて、毛穴レスのツルンとした素肌を目指しましょうね!

バランシングセラムC公式サイトへ

永松麻美

17 views

世田谷区でエステサロン&スクールSUHADAを経営しているオーナーエステティシャン。 自分自身がニキビ、アトピー、肥満と容姿コンプレックスを抱え根暗な10代...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。