敏感肌だけど、ビタミンC誘導体の化粧品は使えるの?

この記事は約 823 秒で読めます。

ビタミンCやビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使ったら、肌がヒリヒリしてしまった。とくに、敏感肌の方はこのような経験があるかもしれません。

しかし、ビタミンCやビタミンC誘導体にはたくさんの魅力的な効果があるため、敏感肌だけどスキンケアに取り入れたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

敏感肌の場合でもビタミンC誘導体の種類によっては、刺激を感じることなく使うことができます。ここでは、敏感肌の方が選ぶべきビタミンC誘導体の種類についてご紹介したいと思います。

敏感肌だとビタミンC誘導体の化粧品は使えないの?

敏感肌だけど、美肌効果の高いビタミンC誘導体が配合された化粧品を使いたい。だけど、ビタミンC誘導体は肌に刺激が強いといわれているので、敏感肌の方にとっては使うのが心配ですよね。

そもそも、肌が敏感になってしまうのは、肌がどのような状態になっているのでしょうか。

敏感肌とは?

敏感肌は、肌のバリア機能が低下して、外部からの刺激を受けやすい状態の肌のことをいいます。化粧品を使うと、ヒリヒリと刺激を感じたり、肌が赤くなったり、かゆくなってしまうこともあります。

敏感肌になってしまう原因は、肌の乾燥、女性ホルモンの影響、生活習慣や食生活の乱れなど、あらゆる要因が絡み合っていますが、まずは、肌のバリア機能を高めるために、しっかりと肌を保湿することが重要になります。

以下の記事で、肌のバリア機能を高めるためのコツをまとめているので参考にしてください。


ビタミンCは刺激が強め、使うならビタミンC誘導体を

ビタミンCは刺激が強めの成分なので、敏感肌の方でなくても、肌に刺激を感じる場合が多いです。とくにビタミンCが高濃度で配合されている化粧品は、余計に刺激を感じてしまうことが多いようです。

敏感肌の場合は、ビタミンCではなく、ビタミンC誘導体が配合された化粧品がおすすめ。ビタミンC誘導体の種類によっては、敏感肌の方でも安心して使うことができます。

敏感肌の場合は、ビタミンCではなく、ビタミンC誘導体が配合された化粧品を選ぶ

敏感肌におすすめのビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性、水溶性・油溶性のどちらの特性を持つAPPS(アプレシエ)と、大きく3つに分類されます。

種類 代表的な成分
水溶性ビタミンC誘導体 リン酸アスコピルマグネシウム
リン酸アスコピル酸3Na など
油溶性ビタミンC誘導体 テトライソパルミチン酸アスコビル など
APPS(アプレシエ) パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na など

とくに、水溶性と油溶性のどちらの性質を持つビタミンC誘導体APPA(アプレシエ)は、従来のビタミンC誘導体と比べると、約100倍もの浸透力があり、肌への刺激も少ないといわれています。さらに、最近では肌の保湿にすぐれて低刺激のビタミンC誘導体が開発されたりもしています。

バランシングセラムCで配合しているビタミンC誘導体は水溶性ですが、保湿成分であるグリセリンとビタミンC誘導体を反応させた保湿型ビタミンC誘導体(3-グリセリルアスコルビン酸)を採用しています。

保湿にすぐれているので、敏感肌の方にもおすすめのビタミンC誘導体配合の化粧品になります。

敏感肌はビタミンC誘導体の種類に注目を!
APPS、3-グリセリルアスコルビン酸といった体刺激のビタミンC誘導体を!
ナチュラルエレメンツではバランシングセラムCがおすすめ!

ビタミンC誘導体の美肌効果とは?

ビタミンC誘導体は「シミ、しわ、毛穴」などの悩みに対してマルチに活躍する美肌成分ですが、さらに詳しく美肌効果をみていきましょう。

美白効果

酵素チロシナーゼの働きを抑えることによってメラニンの生成を抑える効果や、メラニン色素を還元する効果が期待できます。

美白成分は数多くありますが、その中でもメラニン色素を還元するという効果を持ったビタミンC誘導体は、シミやくすみなどに悩む方には魅力的な成分と言えるのではないでしょうか。
また、ニキビ跡によるシミなどにも効果が期待できます。

抗酸化作用

肌が老化する原因ともなる「活性酸素」を除去する効果が期待できます。そのためエイジングケア(年齢に応じたケア)にも積極的に取り入れたいところです。

しわなどへのエイジングケア効果

肌のしわなどに対するエイジングケア(年齢に応じたケア)にはコラーゲンが有効だと思う方も多いと思います。実はそのコラーゲンが合成されるときに補酵素として重要な役割を果たしているのがビタミンCなのです。

毛穴にも効果が!

ビタミンC誘導体には毛穴の引き締め効果や、炎症を防ぐ効果なども期待できます。皮脂の分泌を抑えるため、開き毛穴にも有効です。毛穴の悩みがある方にもおすすめの成分と言えるでしょう。

いかがでしょうか。毛穴にしわ、にきびにシミ、くすみ・・・。ビタミンC誘導体は、ほぼパーフェクトに肌悩みを解決してくれると言っても良い美容成分といえるでしょう。

ビタミンC誘導体は、美白、抗酸化、シワやたるみ、そして毛穴とマルチな美肌効果があるので、エイジングケアにぜひ取り入れたい成分です。

ビタミン配合化粧品、ほかにもある?

ビタミンC誘導体の効果について紹介してきましたが、エイジング効果があるのはビタミンCだけではありません。ビタミンC誘導体以外にエイジング効果が高いビタミン系の成分を見ていきましょう。

レチノール(ビタミンAの一種)

肌のターンオーバーを促す効果、保湿効果などがあり、肌荒れやシワなどのケアに有効な成分です、そのため、目もと用の化粧品やエイジングケアに用いられることも多い成分です。

レチノールは、人によっては肌に対する刺激が比較的強めの成分なので、使用する場合は注意が必要です。

ナイアシン(ビタミンB3)

水溶性のビタミンで、抗酸化作用、血行促進作用などが期待できる成分です。さらに、コラーゲンの合成を助ける効果もあるため、肌にハリをもたらすことが期待でき、しわのケアにも有効だといわれています。

ビタミンK

血行を整えることにより、赤ら顔が気になる方に有効だと言われている成分です。そのほか、クマなどにも効果が期待できます。

ビタミンE誘導体

ビタミンEも、ビタミンCと同じようにそのままだと酸化しやすく肌に浸透しにくい成分です。化粧品に配合するために、安定性を高めて浸透しやすくしたものがビタミンE誘導体です。
抗酸化作用やニキビなどの炎症を抑える効果、保湿効果などが期待できます。

敏感肌の方がビタミンC誘導体が配合された化粧品を使う場合は、刺激を感じるなどのリスクが伴います、使用する前に成分表示を確かめることと、顔に塗るまえに腕の内側などでパッチテストをしてから使うようにしてくださいね。

ナチュラルエレメンツでおすすめのビタミンC誘導体を配合した化粧品は、バランシングセラムCです。グリセリンと反応をさせた保湿型ビタミンC誘導体3-グリセリルアスコルビン酸を配合しています。

この美容液は、顔を洗ってすぐに塗るタイプのブースター美容液になります。

敏感肌の場合、防腐剤にも刺激を感じてしまう方も多いですが、バランシングセラムCは防腐剤フリー。肌が敏感だけど、ビタミンC誘導体が配合された化粧品を試してみたい方にとてもおすすめです。今なら初回のお試し価格1980円でお届けしています。

バランシングセラムC公式サイトへ

TheBeauty編集部

16,498 views

The Beautyは、うるおいに満ちた大人の艶肌をつくるスキンケアブランドのナチュラルエレメンツが運営しています。 このサイトでは肌に関するQ&A...

プロフィール

関連記事一覧