小鼻のザラザラを目立たせないメイクテクニック

この記事は約 62 秒で読めます。

毛穴の悩みというと、たいていは「開いた毛穴」ものに対して、どのようなケアやメイクをすればいいのかフォーカスされがちです。

ですが、小鼻まわりや鼻先部分などにザラザラと生じやすい「詰まり毛穴」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

詰まり毛穴は、メイクをすると余計目立ってしまうと思われがちですが、メイクで目立ちにくくすることもできます。今回は詰まり毛穴のメイクについてフォーカスしてご紹介したいと思います。

毛穴の種類について

毛穴で悩んでいる方は多いものの、その毛穴のトラブルはさまざまです。まずは、毛穴トラブルについて原因と種類を見てみましょう。

開き毛穴

生まれついて皮脂腺そのものの大きさによるものが多いです。オイリー肌の方、また、ニキビができやすい方で、そのニキビ跡が開き毛穴となって残ってしまった場合などにあたります。

たるみ毛穴

加齢や紫外線などによって、真皮にあるコラーゲンやエラスチンが変質。それに伴い、皮膚の弾力が失われ、頬の皮膚がたるむことによって涙型の毛穴となって現れます。頬を引き上げると毛穴が閉じる場合は、このたるみ毛穴によるものです。

詰まり毛穴

皮脂を分泌する皮脂腺は毛穴の中に存在します。その皮脂腺から分泌される皮脂と角質とが混ざって黒ずみが生じて「角栓」となって毛穴に詰まったものが詰まり毛穴になります。

小鼻まわりや鼻先部分などに多く見られ、気になる黒いポツポツの詰まり毛穴に発展します。

このように、毛穴トラブルといってもその正体はさまざまで、原因もケアの方法も異なります。まずは、自分の毛穴の悩みがどのタイプなのかを推測してみてください。

詰まり毛穴のケア方法

毛穴トラブルの中でも、とくにやっかいなのが「詰まり毛穴」です。詰まってしまった角栓や、生じてしまった黒ずみ。まずはきちんとしたケアで取り除くようにしてみましょう。

1)毎日のクレンジングで、毛穴汚れを残さないように。とくに皮脂が出やすい方は、毛穴にも汚れが溜まりやすいので、気になる鼻まわりを意識して、汚れをかきだすように洗顔を行ってください。

2)それでも角栓がとり切れない方は「ピーリング」での角質ケアがおすすめです。鼻まわりの気になるザラつきを優しく取り除くように行います。1回のケアで採り切れない方も、週に1度から2週間に1度の割合で行うことで、ザラつきの気にならない触感に変化をしていきます。

3)角栓をとった後は、毛穴を引き締めるようなケアをプラスします。毛穴が完璧になくなってしまうことはありませんが、その大きさを引き締めることは可能です。

角栓をとった後の毛穴をそのままに放置することで、またすぐに詰まりを繰り返す原因にもなります。毛穴の引き締め効果のある「ビタミンC誘導体」やレチノール配合の美容液がおすすめです。

ビタミンC誘導体は、毛穴の引き締めにさいして「詰まり毛穴」にも「たるみ毛穴」にも活用できる優れものです。普段からのスキンケアにプラスすることもおすすめです。

ザラつき毛穴はメイクで隠す方法

たるみ毛穴や開き毛穴など、凹になっている毛穴へのメイクのアプローチ法はさまざまあります。毛穴専用の下地、ファンデーションやコンシーラーでの入れ込むテクニックなどがそうです。

ですが凸になっている詰まり毛穴に関しては、メイクでのカバー方法に悩まれている方がとても多いです。

凸になっているので、完璧にカバーすることは難しいのですが、しっかりと毛穴ケアを行った上で、少しでもメイクで目立ちにくくするためには、以下のような方法があります。

1)朝のローションパックで角質を柔らかく

コットンに化粧水をたっぷりと含ませて全顔に行うローションパックですが、とくに角栓のザラつきが気になる鼻まわりにはしっかりとパックしてください。

肌が乾燥すると、メイク後に余計に目立ってしまいますので、ここでも保湿はとても大切です。

2)各スキンケアアイテムの伸びの良さを重視する

それぞれのアイテムの伸びが悪くなると、その分、量も必要となりベタつきが生じやすくなります。

重ねるものが多くなるほど、凸部分が目立ちやすくなるので注意が必要です。

3)下地やファンデーションは少量を軽く塗る

下地やファンデーションはカバーしたいがために多量を使用してしまうと、分厚くなってしまい角栓部分が浮いてしまいます。

スキンケアのあとは、必要最低限の量のメイク下地とリキッドファンデーションを整えてください。黒ずみを明るく飛ばしてくれるピンク系の下地がおすすめです。

また、あまりカバー力のありすぎるファンデーションの類は、厚くなりなじみにくくなりますので、伸びの良い適度なカバー力のものを選ぶようにしてください。

4)パウダーでサラッとふたをする

最後は、粒子の細かい透明タイプのルースパウダーで優しくおさえます。カバー力のあるパウダーは粉々しくなり、余計に毛穴を目立たせてしまい逆効果になってしまいます。パウダー選びも注意してくださいね。

コスメデコルテ/フェイスパウダー/5000円(税抜)

ポール&ジョー/ラトゥー エクラ ルース パウダー/5000円(税抜)

角栓や黒ずみの目立つ詰まり毛穴は、アイテムを重ねれば重ねるほど、そして乾燥するほど、メイク崩れしやすくなり、悪目立ちしてしまいます。

メイク前のスキンケアやアイテムの選び方、その量感が、気になる毛穴のポツポツを目立ちにくくしてくれるのが目立たなくさせるコツです。

山田 麻衣子

14,782 views

【メイク講師、美容のプロを育てる専門家】京都にてメイクスクール『Make-up Atelier Ma*Vie(マヴィ)』を経営。「100人女性がいれば、10...

プロフィール

関連記事一覧