乾燥肌でもビタミンC誘導体は使えるの?

この記事は約 646 秒で読めます。

A. 答えはYES!ただし、油溶性ビタミンC誘導体か、新型ビタミンC誘導体を選ぶようにしましょう。

すでにメジャーな成分で、美白効果やニキビへの効果が期待できるビタミンC誘導体配合の化粧品。しかし一方で、ビタミンC誘導体配合の化粧品は肌を乾燥させやすいともいわれています。

しかし、ビタミンC誘導体の種類によっては、肌を乾燥させることはありません。ここでは、乾燥肌の方がビタミンC誘導体配合化粧品を選ぶときのポイントについてご紹介します。

ビタミンC誘導体配合化粧品は乾燥肌に不向き!?

美白をはじめ、さまざまな美容効果が得られるビタミンC。実はビタミンCはそのままでは酸化しやすく成分が不安定なので、肌に塗ってもあまり浸透することはありません。

そのために開発されたのが“ビタミンC誘導体”になります。ビタミンCの効果を保ちつつ、成分を安定させた状態で肌の奥へと浸透させることができます。

しかし、ビタミンC誘導体が配合されている化粧品は肌を乾燥させてしまうという弱点もあります。

これは、ビタミンC誘導体には“皮脂の分泌を抑える働きがある”からです。毛穴が気になる方やニキビが気になる方、脂性肌の方にとっては嬉しい働きですが、やはり乾燥肌の方には逆効果になってしまう場合もあります。

また、人によってはビタミンC誘導体を肌に塗ると、ヒリヒリと刺激を感じたり、肌が赤くなってしまう方もいるようです。

諦めるのはもったいない!ビタミンC誘導体の美肌効果

私は乾燥肌だから「やっぱりビタミンC誘導体配合化粧品を使うのは諦めよう」このように思った方もいるかもしれません。しかし、ビタミンC誘導体には、使用を諦めるのはもったいないくらい、さまざまな美肌効果があります。

シミやくすみなどに

ビタミンC誘導体に美白効果があることはあまりにも有名ですよね。具体的にはメラニンの生成を抑える働き、メラニン色素を還元する働き、メラニンを生成する酵素である「チロシナーゼ」の活性化を阻害する働きなどがあります。

ニキビ予防、改善に

ビタミンC誘導体には皮脂を抑制する働きや抗炎症作用などがあるため、ニキビの予防や改善にも効果が期待できます。

しわやたるみなどの予防、改善に

ビタミンCはコラーゲンの生成を促して肌のハリや弾力をアップさせるため、しわやたるみなどの予防にも効果的です。また、抗酸化作用があるためエイジングケア(年齢に応じたお手入れ)にも活用できます。

ビタミンC誘導体には、こんなに多くの美肌効果が期待できるのです。
乾燥肌だからと言ってビタミンC誘導体配合化粧品の使用を諦めてしまうのは、もったいないです。

最近では、保湿成分のグリセリンとビタミンC誘導体を反応させ保湿効果を高めた3-グリセリルアスコルビン酸などのビタミンC誘導体も開発されています。

従来のビタミンC誘導体の欠点をカバーした新型のビタミンC誘導体は、乾燥肌の方でも試してみる価値があるのではないでしょうか。

POINTビタミンC誘導体には、シミやくすみ、ニキビ予防・改善、しわやたるみなどといった様々な美容効果が!乾燥肌だからと使用をあきらめるのはもったいない!

ビタミンC誘導体の選び方

では、乾燥肌の方がビタミンC誘導体配合の化粧品を使うにはどうしたらいいのでしょうか。

乾燥肌の方は、「肌が乾燥しにくいタイプのビタミンC誘導体配合化粧品」を使うのがおすすめです。「ビタミンC誘導体」といっても、実はいくつかの種類があります。

水溶性ビタミンC誘導体

化粧水などに配合されることが多いビタミンC誘導体。

水溶性のビタミンC誘導体は即効性が期待でき皮脂抑制効果などに優れている一方、肌が乾燥しやすいと言われています。つまり、乾燥肌の方には水溶性ビタミンC誘導体配合の化粧品はあまり向いていないといえるでしょう。

乾燥肌の方が水溶性ビタミンC誘導体配合の化粧品を使用する場合には、一緒に保湿力の高い成分が含まれているかどうかなどの点に注目して選ぶのがいいかと思います。

代表的な水溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体には、リン酸アルコルビルMgなどがあります。

脂溶性(油溶性)ビタミンC誘導体

クリームやジェル状の化粧品に含まれることが多いビタミンC誘導体。VCIPなどと呼ばれます。

皮脂や細胞間脂質などと馴染みが良いため、浸透性が高く持続性がありますが、即効性は低いといわれています。

しかし水溶性ビタミンC誘導体に比べて乾燥しにくいため、乾燥肌の方におすすめのビタミンC誘導体になります。

代表的な脂溶性(油溶性)ビタミンC誘導体

イソパルチミン酸アルコルビル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルなどの種類があります。

新型のビタミンC誘導体

水溶性、脂溶性のほかに、両方の効果を併せ持つ両性、新型、進化型などと呼ばれるAPPS(アプレシエ)というビタミンC誘導体も登場しています。APPSは水溶性ビタミンC誘導体に比べると格段に浸透力が高いのが特徴です。

皮膚になじみやすく即効性も期待でき、そのうえ肌への刺激や乾燥なども感じにくいため、乾燥肌の方にも向いているビタミンC誘導体といえます。

ただし、他のビタミンC誘導体と比べると安定性が少し低いので、化粧品に高濃度配合することは難しいです。

代表的な新型ビタミンC誘導体

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naという成分が成分表示に書かれているかどうかで見分けることができます。

POINTビタミンC誘導体配合の化粧品を使用すると、美白効果以外にも皮脂の抑制効果、肌のしわ、たるみへの効果、抗酸化作用など素晴らしい美肌効果を得ることができます。

乾燥肌だからビタミンC誘導体は不安・・・という方は脂溶性(油溶性)のビタミンC誘導体や、両性、新型、進化型ビタミンC誘導体などと呼ばれるAPPS配合のものを選んでみましょう。

また、保湿効果が高いビタミンC誘導体である3-グリセリルアスコルビン酸が配合されている化粧品もおすすめです。ビタミンC誘導体配合化粧品と一緒に、保湿効果の高い化粧品を併用するのも効果的ですよ。

バランシングセラムC公式サイトへ

TheBeauty編集部

7,901 views

The Beautyは、うるおいに満ちた大人の艶肌をつくるスキンケアブランドのナチュラルエレメンツが運営しています。 このサイトでは肌に関するQ&A...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。