毛穴レスな肌作りに欠かせないハイライトカラーの選び方とテクニック

この記事は約 64 秒で読めます。

ベースメイクの要となる「ハイライトカラー」ですが、みなさま、毎回メイク時には必ずお使いになられているでしょうか。

「なんとなくいれている」
「入れてはいるけど、あまり効果が分からない」
「やってみたいけど、やり方がわからない」

お聞きしてみると、意外とこのようなお答えが多いです。

ハイライトカラーは明るさや高さ、立体感を表現するために活用するのが目的ですが、その選び方や入れる位置によって、実は意外と毛穴との関係がとても深いんです。今回は毛穴レスに見せる、ハイライトカラーの位置やアイテムの選びかたについてお伝えをしていきます。

ハイライトカラーの目的って?

顔の中で「明るさ」「高さ」「立体感」などが欲しい箇所に入れるアイテムが「ハイライトカラー」です。特に欧米人に比べて平面的な顔の構造をしている私たちアジア人にとって、顔のメリハリはとても欲しい要素ですね。

主に入れる位置としては、

  • 明るさ→上まぶた、目の下の三角ゾーン、上まぶたから目の下にかけてのCゾーン、口角のくすみなど
  • 高さ&立体感→頬骨、Tゾーン、おとがい(=あご先の出っ張った骨)など

※Tゾーンは鼻先まで入れると、「高さ」よりも「長さ」が強調されますので、途中軟骨部分までに入れることをおすすめします。

そしてアイシャドウ~チーク~口元にかけて、それらがつながるようにハイライトカラーを入れることで、統一感のあるつながりのあるメイクに仕上げることができます。

とくに目の下のCゾーンなどは、きちんと目のきわまで入れることで、夕方になってもくすみを知らない、生き生きとした表情を保ってくれます。ぜひご自身でも認識できる発色具合までハイライトを入れるようにしてみてください。

ハイライトに使うカラーは何色?

主に知られているのは、「ホワイト」や「アイボリー」など、肌を明るく、前に突出して見せてくれる色ではないでしょうか。その他、とくに透明感をアップさせたい箇所には「淡いピンク」や「ラベンダー」カラーも効果的です。いずれもお肌をワントーン明るく見せてくれる色が理想です。

ハイライトの質感はマット?パール?

さてここで毛穴にも関係をしてくる、ハイライトの質感についてお伝えをしていきます。

販売されているハイライトカラーですが、主な質感として

  • マットタイプ
  • パールタイプ
  • ラメタイプ

の三種類に分類をされます。

これらは作りたい理想の肌感によって使い分けるのですが、最近ではパールタイプやラメタイプのものが主流となってきました。肌にツヤを与えてくれるパールタイプ、肌にきらきら感を添えてくれるラメタイプ。これらは肌に華やかさが醸し出され、とてもきれいです。しかし使い方によっては、気になる毛穴を悪目立ちさせてしまうことがあるので、注意が必要です。

ラメタイプのハイライト

ラメが毛穴に入り込み、より毛穴を強調させてしまいます。大人女性のお悩みに多い「たるみ毛穴」などは、さらに助長して見せてしまうこと、また品良く落ち着いた雰囲気に仕上げたい方には、少し控えていただきたい質感です。

パールタイプのハイライト

パールの粒子の大きさによっては、毛穴を目立たせてしまいます。また毛穴だけではなく、小じわやくすみなどのトラブルも強調して見せてしまいますので、選ばれる際には粒子の細かいパールをお選びください。

現在、これらのラメタイプやパールタイプのアイテムは主流で、お肌に輝きが出るので一見きれいに見せてくれそうに思うのですが、実は一番陶器のように凹凸なくツルっとした、そしてかつ透明感溢れるお肌に仕上げてくれるのは、「マットタイプ」のハイライトカラーなんです。毛穴付近に明るさや立体感が欲しい場合も、とても肌なじみが良く、トラブルを悪目立ちさせることも少ない質感なんですね。マットタイプのハイライトカラーを使用することで、お肌がきれいになったように感じることもあります。

とはいえ、やはり年齢を重ねたお肌にはツヤが欲しいところですよね。そのような場合には、毛穴の少ないCゾーンや頬骨付近にパールタイプでツヤ感を表現し、目の下三角ゾーン下からのたるみ毛穴やTゾーンなどの開き毛穴部分にはマットタイプを使用することで毛穴部分を落ちつかせ、毛穴レスかつ透明感のあるお肌を作り上げます。

ハイライトカラーも、顔の部分部分で質感を使い分けることがとても重要なんです。そしてきちんと適材適所に合ったメイクブラシを使用することで、よりいっそう効果的に仕上げることができます。

プチプラアイテムでも、マットタイプのハイライトカラーは優秀なものがたくさん出ていますので、まずはそこから取り入れられてみるのもおすすめです。

セザンヌ フェース コントロールカラー

おわりに

毛穴レスな肌を作ってくれるメイク下地や、毛穴プルーフファンデーションなど、気になる毛穴をカバーしてくれるアイテムはたくさんありますが、ハイライトカラーの質感は意外にも盲点です。

マットタイプのハイライトカラーは、毛穴レスなお肌作りを助けてくれますので、毛穴の開きが気になる方には特におすすめしたい質感です。流行のアイテムを取り入れつつも、自分の肌をうつくしく見せてくれるテクニックを身につけること、そして必要なアイテムを自身で選び活用する「目」を、しっかりと養いたいものですね。

メイクで気になる毛穴をなかったことにするテクニックをお伝えしましたが、日頃から毛穴ケアをスキンケアに取り入れると、さらに毛穴レスな肌作りができますよ。

バランシングセラムC公式サイトへ

山田 麻衣子

2,161 views

【メイク講師、美容のプロを育てる専門家】京都にてメイクスクール『Make-up Atelier Ma*Vie(マヴィ)』を経営。「100人女性がいれば、10...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。