アーユルヴェーダスパイス&ハーブで毛穴レスの艶肌に

この記事は約 69 秒で読めます。

アーユルヴェーダは、インド・スリランカ発祥の東洋医学をベースとした5000年もの歴史をもつ世界最古の若返り自然療法です。

ひとりひとりの体質別に合わせたライフスタイルを送ることで、病気にかかりずらい体質をキープすることができたり、いつまでも若々しい心(マインド)や身体、肌をキープすることができるようになります。

今回は毛穴にフォーカスして、アーユルヴェーダのスパイスとハーブを使ったレシピで、毛穴ケアをする方法をご紹介したいと思います。

毛穴について

毛穴は手のひらと足の裏以外は、ほとんど全身にありますが、いつも外気に晒されている顔の部分の毛穴は、汚れがたまりやすく、ニキビや黒ずみのもとになりやすいです。

毛穴は肌の表面を守るための皮脂膜をつくるために皮脂を分泌したり、体温調節をするために汗をだす役割を担っています。老廃物や皮脂の通り道でもあるため、毎日のお手入れをきちんとしないと、あっという間に汚れが溜まり、毛穴も開いてしまいます。しかし、毛穴にも種類があり、種類によってケアも異なってきます。まずは、自分の毛穴がどのタイプなのかを観察してみてください。

毛穴の種類

大きく分類すると、毛穴には以下の種類があります。

  • たるみ毛穴
  • 帯状毛穴
  • 開き毛穴
  • 詰まり毛穴

10代のうちは皮脂分泌が盛んなため、洗顔をきちんとしないと皮脂と酸素が結びついて酸化して、ニキビや黒ずみ毛穴の原因となります。10代をすぎると、肌の老化のスピードは加速します。そして、加齢とともに進みやすいのがたるみ毛穴や帯状毛穴になります。

真皮のコラーゲンが減少・劣化して肌の弾力がなくなることで、肌の表面がたるみはじめてくるのと同時に、とくに頬の部分の毛穴が楕円状に開いて見えるようになってきます。そして、開いた毛穴の入り口が溜まることで、黒ずみやニキビに発展することもあります。ですから、20代以降の毛穴ケアは、コラーゲンを増やすケアと同時に、毎日のクレンジングや洗顔がとても大切になってきます。

基本の毛穴ケア

基本の毛穴ケアには3つポイントがあります。

1) クレンジングや洗顔はしっかりと行う
2) 洗顔後は、すぐに化粧水で肌表面の水分を補う
3) ニキビがある場合は、ビタミンC誘導体などが配合された化粧品でケアを

クレンジングや洗顔をするときも、それぞれ注意点がありますので以下の記事を参考にしてみてください。

乾燥肌を加速させる冬にやってはいけない5つのNGスキンケア

小鼻のザラザラいちご毛穴は、正しいクレンジングで解決を

毛穴が黒ずんでいると、どうしてもやりたくなってしまうのが、角栓パックや粗い素材のスクラブ洗顔。絶対にやってはいけないという訳ではありませんが、やり過ぎは肌表面を傷つけてしまう可能性もあるので、あまりおすすめはしていません。使う場合は、肌に負担をかけないソフトピーリング効果の高いピーリングローションなどがおすすめです。

Hyalogy(ヒアロジー)ピーエフェクト ピーリングローションは、低分子ヒアルロン酸では世界特許を取得しており、美容外科・美容皮膚科などでお取り扱いもされているヒアルロン酸注射をうつのと同じレベルの効果を期待できるピーリングローションになります。

使い方は、夜のお手入れのクレンジング、洗顔をしたすぐあとの肌に、こちらのピーリングローションをつけて、あとはふだんのお手入れをするだけというシンプルなもの。当サロンにてお求めいただけます。

また、ピーリング系はちょっと怖いといった場合は、ビタミンC誘導体が配合された化粧水もおすすめです。バランシングセラムCは、保湿成分グリセリンと反応させた肌にやさしいビタミンC誘導体を6%配合した化粧水になります。このような化粧品を取り入れるのも、毛穴ケアにはおすすめです。

毛穴ケアに効果あり!アーユルヴェーダ スパイス&ハーブ

アーユルヴェーダには、身体の中からキレイをキープすることができるスパイスやハーブが沢山あります。エステサロンへ行かなくても、自宅で簡単にアーユルヴェーダスパイス&ハーブパックをすることができます。

アーユルヴェーダスパイス&ハーブティ ガラムマサラティ

作り方はとても簡単。白湯にガラムマサラを少し入れるだけです。ガラムマサラは、消化力を高めるブレンドスパイスになりますが、胃と腸の状態が整っていることで、自然と肌の状態も整います。代謝が上がり、血行促進作用もあるので、肌の血色が良くなり、毛穴も開きにくくなります。

アーユルヴェーダ ハーブクレイパック

用意するもの

  • クレイパック
  • しょうがパウダー
  • ローズマリー(精油)1滴

クレイパックに「ジンジャー」「ローズマリー精油」を1対1で混ぜたものを肌にのせて2分ほどパックをするだけ。長時間パックをすると、肌の乾燥が進んでしまうので、パックの目安は2分、またはクレイが乾いてきたくらいがベストのタイミングです。パック後は、ぬるま湯でクレイを洗い流してください。

ジンジャーは抗酸化作用や殺菌作用、ローズマリーには肌の表面を引き締める効果を期待することができます。またクレイは、毛穴の汚れを取り除く効果と同時に、開いた毛穴をキュッと引き締める効果があるので、肌にハリや艶を与えます。肌が疲れているように感じたり、見えたりするときにもおすすめですよ。

肌のトラブルの9割は水分不足によるものだともいわれています。まずは基本の保湿ケアを大切にして、さらに、身体の中、肌表面の毛穴ケアに効果的なアーユルヴェーダも取り入れて、曇りのない艶肌を手に入れてくださいね。

花咲美幸

99 views

スリランカ政府認定アーユルヴェーダインストラクター ローフードエクゼクテイブグランマイスター ミセスユニバースジャパン2018日本代表オフィシャルトレーナー...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。