【40代】肌の乾燥対策の基本のケアと攻めのケア

この記事は約 846 秒で読めます。

家事に育児に仕事にプライベートと、何かと忙しい40代の女性。スキンケアに時間をかけるのが難しく、気づいたら30代の頃とは明らかに肌質が変わってきたと実感する方も多いのではないでしょうか。

肌は年齢を重ねるにつれてさまざまな機能が衰え、肌も乾燥気味に。ここでは、40代からの乾燥対策で気をつけたいことについてご紹介していきたいと思います。

40代の乾燥肌にはどんな成分が必要?

肌のうるおいは、年齢を重ねるごとに減少していきます。40代になった途端に、肌の乾燥、目もとの小じわ、肌のハリの低下、フェイスラインのたるみなど、肌の衰えを感じるようになったという方も多いかと思います。40代の女性が肌の乾燥対策で、どんな成分に注目をすればいいのでしょうか。

イチオシは加齢によって減少するセラミド

40代の女性が感じる肌の乾燥には、セラミドの減少が大きく関わっています。

セラミドは角質内にある細胞間脂質の主成分ともいえる成分です。肌を外の刺激から守るバリア機能や、細胞と細胞の間のすき間をしっかりと満たして、肌の水分を維持する役割があります。

肌にあるセラミドは、40代を迎える頃には、ピーク時の半分程度まで減ります。40代の女性の乾燥対策は、減っていくセラミドを化粧品で補い、肌のうるおいやバリア機能を高めることが必要です。

化粧品に配合されるセラミドにはいくつかの種類がありますが、その中でもヒト型セラミドは、人の肌のセラミドとほとんど同じ構造をもっています。セラミドが配合された化粧品を使う場合は、セラミドの種類がヒト型セラミドかどうかを確認するようにしましょう。

肌の乾燥やセラミドについては以下の記事もご参考にしてくださいね。

肌が乾燥する3つの原因と対策方法

保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸

乾燥しがちな40代の女性の肌には、毎日のスキンケアで保湿成分をしっかりと補う必要があります。おすすめの保湿成分はコラーゲンや水分を抱え込む性質のあるヒアルロン酸など。さらに、ヒアルロン酸よるいも保湿力があるといわれているプロテオグリカンなどもおすすめの成分です。

40代の肌の乾燥対策はこの成分に注目を!

セラミド

角質細胞間脂質の約40%を占める、肌の最強うるおい成分です。肌の水分を抱え込む性質があり、肌のバリア機能を高める効果があります。安全性が高く敏感肌の方でも安心して使用できる成分です。ただし、セラミドにもいくつか種類があります。肌のセラミドと同じような構造を持つヒト型セラミドを選ぶようにしましょう。

ヒアルロン酸

真皮にも存在する糖の一種。200~600倍もの水分を保つことができるといわれています。水を含むとゼリー状になるのが特徴で、肌の中ではクッションのような役割を持っています。

コラーゲン

たんぱく質の一種で肌の真皮などに存在して、弾力を保つ成分として有名です。コラーゲンを肌に塗っても、真皮の部分までには届きませんが、肌の表面の角層で高い保湿力を発揮します。

ナチュラルエレンメンツでおすすめなのが、3種類のセラミドを配合したバランシングゲルです。バランシングゲル1本で、化粧水、乳液、美容液、クリームの機能を持っているため、忙しい40代の女性にはもってこいの化粧品ではないでしょうか。

バランシングゲル公式サイトへ

POINT40代の肌の乾燥対策で必要なのが保湿成分のセラミドです。ヒト型セラミドが配合された化粧品で、肌のセラミドを補いましょう。

肌の調子がいいときは、攻めのケアをプラスする!

40代は肌の乾燥以外にも、シミやしわ、たるみ、毛穴などといった肌の悩みが増えてくるものです。しっかりと肌の保湿対策をしていて、肌の調子がいいときは、攻めのエイジングケアも取り入れてください。

シミの攻めのケア

肌の悩みで常に上位にランクインするのがシミの悩み。シミにはいくつかの種類がありますが、大切なのは徹底した予防ケアです。紫外線シーズンだけではなく、年間を通してシミ予防ケアを取り入れるのが理想的です。では、シミの予防ケアにはどのような成分を取り入れるといいのでしょうか。

ビタミンC誘導体

ビタミンCを安定させて、肌に吸収されやすい形にしたものがビタミンC誘導体になります。活性酸素を抑制し、老化予防や抗炎症にも効果があります。

アルブチン

コケモモなどから抽出された美白成分がアルブチン。チロシナーゼの働きを抑え、メラニンの黒色化を予防します。

コウジ酸

麹を扱う仕事をする人の手が白くてきれいだったことから注目をされたのがコウジ酸です。チロシナーゼの発生を抑制して、メラニンの生成を抑える働きがあります。

ここでご紹介している以外にも、美白に効果のある成分はたくさんあります。できれば肌に負担をかけない美白成分を選んで、シミが気になる部分ばかりではなく、顔全体に使ってシミ予防をするようにしてくださいね。

シミの攻めのケアにはバランシングセラムCがおすすめ

ナチュラルエレメンツでは、ビタミンC誘導体を高配合したバランシングセラムCがシミ予防対策としておすすめです。シミとビタミンC誘導体の関係については、以下の記事をご参考ください。

シミや美白に効果があるビタミンC誘導体が優秀な理由とは?

バランシングセラムC公式サイトへ

しわや肌のたるみの攻めのケア

しわや肌のたるみは、肌の乾燥が原因だと思う方も多いですが、コラーゲンの減少や劣化が大きな原因になります。このような場合は、肌のコラーゲンを増やすケアが有効になります。

レチノール

ビタミンAの一種で小じわ用の美容液によく配合されている成分がレチノールです。ただし、効果が高い分、刺激が強く、人によっては、赤みがでたり乾燥したりする場合もあります。レチノールが配合された化粧品を使う場合は、肌の調子が良く安定しているときにしましょう。

ビタミンC誘導体

肌のコラーゲンはビタミンCがないとつくりだすことが出来ません。ビタミンC誘導体は、コラーゲンをつくりだすほか、美白や皮脂抑制、抗酸化など、さまざまな美容効果があります。40代以降の攻めのエイジングケアには、ぜひ取り入れてほしい成分です。

ナイアシン(ビタミンB3)

肌が弱いけど攻めのケアを取り入れたい方には、ナイアシンがおすすめです。ナイアシンは、ビタミンC誘導体よりも刺激が弱く、コラーゲンを増やす効果のほかに、抗酸化効果もあります。

毛穴の攻めのケア

毛穴の悩みは年代問わずに上位にランクインする肌の悩みです。ただし、20代の頃の毛穴の悩みと、40代の毛穴の悩みは原因が違います。原因によって対応方法も異なるので気をつける必要があります。

20代の毛穴が目立つ原因は、過剰な皮脂の分泌が原因の詰まり毛穴が多いですが、40代で毛穴が目立つ原因は、コラーゲンの減少や劣化によって、肌が毛穴を支えきれなくなるからです。

ですから、40代の毛穴の攻めるケアは、肌のコラーゲンを増やすケアが効果的です。

毛穴に関しては、以下の毛穴Q&Aにいろいろまとめています。ぜひ参考にしてください。

毛穴Q&A

コラーゲンを増やすケアは、しわやたるみと同様のケアが効果的です。レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンが配合された化粧品を使って、攻めのケアを行いましょう。

肌は毎日生まれ変わっています。「今からスキンケアを頑張っても遅い」なんてことはありません。40代の乾燥肌対策は、セラミドをはじめとするうるおい成分でしっかりと保湿をしたうえで、悩みに合った攻めのスキンケアを取り入れて行きましょう。

攻めのスキンケアを取り入れる時に、注目してほしい成分がビタミンC誘導体になります。シミ予防、しわやコラーゲン減少による開き毛穴、たるみ毛穴にと、マルチに効果を発揮します。

バランシングセラムCは、グリセリンと反応をさせた保湿型ビタミンC誘導体を高濃度に配合したブースター美容液になります。初めての方は、本品を1,980円でお試しいただくことができますので、ぜひ一度お試しください。

バランシングセラムC公式サイトへ

TheBeauty編集部

3,631 views

The Beautyは、うるおいに満ちた大人の艶肌をつくるスキンケアブランドのナチュラルエレメンツが運営しています。 このサイトでは肌に関するQ&A...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。