黒ずみ毛穴の原因と、必ずキレイになる黒ずみ毛穴ケアとは?

この記事は約 132 秒で読めます。

A. 黒ずみ毛穴の原因には2種類あります。それぞれ対策方法が違うので、まずは自分の黒ずみ毛穴がどのタイプかを見極めることが大切です。

毛穴の悩みを抱えているという女性は多いですよね。いわゆる「イチゴ鼻」のような状態になってしまっているなど、毛穴の黒ずみがひどくて困っている、なんとか解消したいという方も多いのではないでしょうか。
ここでは、黒ずみ毛穴の原因や、黒ずみ毛穴を落とすコツ、NGケアやスペシャルケアについてご紹介したいと思います。

黒ずみ毛穴の原因は2種類

黒ずみ毛穴は、1)皮脂や汚れが毛穴に詰まる 2)毛穴の近くのメラニン この2つが主な原因になります。

余分な皮脂や古くなった角質、汚れなどが混ざって毛穴に詰まると「角栓」ができます。この時点ではまだ毛穴の黒ずみは目立ちませんが、詰まった角栓が紫外線、空気などに触れることによって酸化すると、黒く変化してぽつぽつと目立つようになります。

一方、メラニンによる毛穴の黒ずみは、紫外線やターンオーバーの乱れ、摩擦による色素沈着などが原因となって起こります。

黒ずみ毛穴以外にも、コラーゲンの減少や劣化によって起こる楕円形に毛穴がたるむ「たるみ毛穴」や頬の「開き毛穴」の場合も、広がった毛穴に影ができて黒ずんで見えてしまうこともあります。

詰まり毛穴とメラニン毛穴の見分け方

毛穴の詰まりによる黒ずみ(詰まり毛穴)とメラニンによる黒ずみ(メラニン毛穴)は一見似ていますが、いくつかの点で違いがあります。詰まりによる黒ずみとメラニンによる黒ずみは対処法が違う部分もありますから、しっかり見分けることが大切です。

メラニンによる毛穴の黒ずみは、詰まり毛穴の黒ずみに比べると淡く茶色っぽい色をしていることが多いです。そして詰まり毛穴はさわるとザラザラしていることが多いのに対し、メラニン毛穴はさわってもざらつきを感じません。また、詰まり毛穴は毛穴の中心が黒くなっているのに対し、メラニン毛穴は毛穴の周りなどがドーナツ状に黒ずんでいることが多いです。

見極めのPOINT

詰まり毛穴は中心が黒く、メラニン毛穴は毛穴のまわりがドーナツ状に黒ずんでいる
詰まり毛穴は触るとザラザラ、メラニン毛穴はサラサラしている

毛穴の黒ずみをよく観察して、毛穴の詰まりによる黒ずみなのか、メラニンによる黒ずみなのか、または毛穴のたるみや開きによって影ができて黒ずんで見えているのかをよくチェックしてみてください。場合によっては、さまざまな原因による毛穴の黒ずみが混在していることもあります。

黒ずみ毛穴をきれいにする3つのコツ

黒ずみ毛穴をきれいにするには3つのコツがあります。それぞれ詳しくみてみましょう。

黒ずみ毛穴をきれいにするコツ1 クレンジング

毛穴の黒ずみを落としたくて、クレンジングのときにゴシゴシと肌を強くこすってしまうということはないでしょうか。肌への強気摩擦は、色素沈着や乾燥の原因になるのでクレンジングはやさしくメイク汚れを落とすようにしてくださいね。

クレンジングの手順

  1. クレンジング剤を手に取ったら、強い力で肌をこすらないように優しくメイクと乳化させてください。特にメラニンによる毛穴の黒ずみが気になる場合には、摩擦に注意が必要です。
  2. すすぎは熱いお湯を使わず、少し冷たいと感じる程度のぬるま湯で洗い流します。
  3. その後、洗顔料を使って洗顔します。

クレンジング剤選びも注意が必要です。刺激の強いクレンジング剤を使うと、必要以上に肌の皮脂が奪われてしまいます。すると肌は、奪われた皮脂を補おうとして皮脂の分泌が盛んになり、さらに毛穴の詰まりが起こしやすくなることも。

クレンジング剤はメイクの濃さなども考慮したうえで、なるべく肌に優しい刺激の少ないものを選ぶようにしてください。ナチュラルエレメンツのナチュラルアロマクレンジングは、植物オイルを主成分にハーブエキスなどの美容成分を配合した肌に優しいクレンジングオイルです。強い力を入れなくても、メイクを汚れをきれいと落とします。

ナチュラルアロマクレンジング 200mL 4,320円

POINTメラニン毛穴やたるみ毛穴、開き毛穴などの場合も、摩擦や乾燥を防ぐために刺激の少ないクレンジング剤を選ぶことが大切です。クレンジングに時間をかけすぎるとその分肌への刺激も大きくなりますから、クレンジングにあまり長い時間をかけすぎないこともポイント。なるべくすすぎのしやすいクレンジング剤を選ぶようにしてくださいね。

黒ずみ毛穴をきれいにするコツ2 洗顔

洗顔もクレンジングと同様に、毛穴の黒ずみを落としたくて、肌をこすってしまいがちです。しかし、肌への強い摩擦は、黒ずみ毛穴が悪化する可能性がありますし、肌を傷つけて肌荒れを起こす可能性もあるので、強く肌をこするのはやめましょう。また、黒ずみを落とすために1日に何度も洗顔してしまうのもNG。洗顔は朝と夜の1日2回を目安にしてください。

洗顔の手順
  1. 洗顔時にはまず軽く顔を水ですすぎます。
  2. 洗顔フォームをよく泡立て、手ではなく泡で洗う感じで洗顔をします。泡立てネットは簡単に豊富な泡をつくることができますが、衛生管理には注意してくださいね。
  3. すすぎは、ぬるま湯でしっかりと。髪の生え際などに泡が残らないように注意してください。すすぎ時もこすらないことがポイント。手でごしごしすすぐ感じではなく、水をパシャっと当てるような感じですすぎます。
  4. すすぎが終わったら、タオルで押さえるようにして水分を拭き取ります。

ナチュラルエレメンツのモイストクリームソープは、天然クレイを配合した洗顔ソープです。天然クレイが毛穴の奥の汚れを吸着します。洗顔時は、肌のうるおいも奪いがちですが、アクアキープ処方で肌のうるおいを逃さず、みずみずしく肌を洗い上げます。

モイストクリームソープ 110g 4,104円

POINT詰まり毛穴の場合には、週に1~2回程度酵素洗顔を取り入れるのもおすすめです。普段の洗顔では落としきれない余分な角質などを取り除く効果が期待できます。ただし、酵素洗顔のやりすぎは肌にダメージを与えますから、適度な回数を守って行いいつも以上にしっかり保湿をするようにしてくださいね。

黒ずみ毛穴をきれいにするコツ3 保湿

皮脂や古い角質が毛穴に詰まっていると聞くと、これ以上、肌にうるおいを与えないほうが良いのでは?と思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、油分が多くても、水分が足りているとは限らず、肌がうるおい不足の乾燥肌になっていることも考えられます。

肌の水分が不足して乾燥すると、角栓は余計に固く取れにくくなり。毛穴の黒ずみが解消しにくくなってしまうとい悪循環に陥ってしまいます。そのうえ、肌の水分を逃さないようにと皮脂の分泌が盛んになることも。さらに、乾燥で肌がしぼむと、毛穴に影ができて黒ずんでいるように見えてしまうこともあります。

保湿の手順
  1. 洗顔後、化粧水で水分を補います。化粧水をつける時にはこすらずに、ハンドプレスで肌になじませていきましょう。
  2. 化粧水がなじんだら乳液などの油分を補います。こちらも、ハンドプレスである程度時間をかけてしっかりとなじませます。
  3. すすぎは、ぬるま湯でしっかりと。髪の生え際などに泡が残らないように注意してください。すすぎ時もこすらないことがポイント。手でごしごしすすぐ感じではなく、水をパシャっと当てるような感じですすぎます。
  4. メラニン毛穴の場合、黒ずみを悪化させないためには紫外線対策も欠かせません。朝のスキンケアでは、しっかりと保湿を行った後に日焼け止めなどを使って対策しましょう。

メラニンによる黒ずみ毛穴は、メラニンを還元する効果のあるビタミンC誘導体が効果的です。ナチュラルエレメンツのバランシングセラムCは、グリセリンを反応させた保湿型ビタミンC誘導体を高濃度に配合しています。ビタミンC誘導体は、メラニンに働きかけるほか、コラーゲンを産生をサポートする効果もあるので、たるみ毛穴や開き毛穴にも効果を期待することができます。

バランシングセラムC 30mL 5,400円

バランシングセラムCは、以下のページから本品を初回限定価格の1,980円でお試しいただくことが出来ます。

バランシングセラムC公式サイトへ

POINT黒ずみ毛穴を解消するためには、しっかりと保湿をすることも大切です。さらに、ビタミンC誘導体配合の基礎化粧品は抗酸化作用も期待できるため、詰まり毛穴で黒ずみが目立つ場合のケアにも有効です。

こんな黒ずみ毛穴ケアはNG

黒済み毛穴に効くといわれると、どんなケアも試してみたくなってしまいますよね。しかし、一般的によく知られている毛穴の黒ずみケア方法の中には、かえって逆効果になってしまうものもあります。

毛穴パックを多用する

ドラッグストアなどで手軽に購入することができるのが、貼ってはがすタイプの毛穴パック。角栓がごっそり取れるのが楽しくて、頻繁に使っているという方もいるかもしれませんが、毛穴パックは角栓を取り除いてくれるので、毛穴の黒ずみ対策には有効のような気がしますが、かえって毛穴の黒ずみが目立ってしまうケースもあるため注意が必要です。

毛穴パックで角栓を取り除くと、角栓が取れた部分の毛穴は開いたままになってしまいます。その開いた毛穴に汚れや古い角質などが溜まると、以前よりも毛穴が目立ってしまうことが考えられます。

毛穴パックを使用すると一時的には毛穴の黒ずみが解消しますが、繰り返し毛穴パックを使用することによって徐々に毛穴が大きくなり、結果的には余計に毛穴の黒ずみが悪化してしまうことにもなりかねません。また、毛穴パックはパックをはがすことで角栓を除去するため、はがされた時に毛穴の周りの皮膚にも刺激を与えてしまいます。

無理やり角栓を押し出す

角栓が目立つ場合、爪やとがったものなどで無理やり押し出したり、毛抜きなどを使って無理やり抜いたりしたくなってしまいますよね。しかし、無理やり角栓を取るようなことをすると毛穴が開いてしまったり、肌を傷つけてしまったりすることがあります。

場合によっては雑菌が入って炎症を起こしてしまうことも考えられますから、無理やり角栓を押し出すことは控えましょう。

さらにワンランクアップ!蒸しタオルを使った毛穴ケア

普段の洗顔や保湿などに加えて、スペシャルケアとして週に1~2回程度、蒸しタオルを使ったケアを取り入れてみてください。蒸しタオルで毛穴を開かせることで、毛穴に詰まった角栓や汚れを無理なく浮き上がらせることができます。

蒸しタオルパックの手順

  1. まずフェイスタオルを用意し、水で濡らして軽く絞ります。
  2. 軽く絞ったタオルを電子レンジに入れ、600Wで30秒~1分程度加熱します。これで蒸しタオルの完成です。
  3. ・レンジから蒸しタオルを取り出し、顔に乗せられる程度の熱さになるまで待ちます。
  4. 蒸しタオルを3分間程度顔に乗せます。
  5. 3分程度経ったら蒸しタオルをはずし、洗顔料を使って優しく洗顔をします。
  6. 洗顔が終わったら、しっかりと保湿ケアを行いましょう。
蒸しタオルパックの注意点

蒸しタオルの温度に注意しましょう。熱すぎるとやけどの危険や、肌の乾燥を招く可能性があります。電子レンジでの加熱時になかなかタオルが温まらない時には、少しずつ加熱時間を延長して様子を見ましょう。

毛穴の黒ずみの主な原因は、皮脂や古い角質、汚れなどが毛穴に詰まって酸化することや、メラニンによるものだと言えます。それ以外にも毛穴のたるみや開きによって黒ずんで見えてしまっている可能性も。どのような原因で毛穴が黒ずんで見えているのかを見極めて対策を行うようにしてくださいね。

POINT毛穴ケアの基本はやはりクレンジング、洗顔、保湿です。毎日のちょっとした心掛けで、毛穴の目立たない肌を目指していきましょう。

バランシングセラムC公式サイトへ

TheBeauty編集部

4,828 views

The Beautyは、うるおいに満ちた大人の艶肌をつくるスキンケアブランドのナチュラルエレメンツが運営しています。 このサイトでは肌に関するQ&A...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。