美しいメイクは保湿から!これであなたのメイクも乾燥知らず

この記事は約 541 秒で読めます。

一般的に『美肌』といわれる肌の定義ですが、美容業界では『うなはたけ(つ)』という頭文字で表現されます。

・う→うるおい
・な→なめらかさ
・は→ハリ
・だ→弾力
・け→血色
・つ→つや(「つ」に関しては省いている場合もあります)

これらの美肌の条件からも分かるように、美しい肌には「保湿力」「保水力」が必要不可欠です。そして、この素肌美があってこそ、その上に重ねる「メイクアップ」もさらに引き立ちます。

今回はそんなメイクに置ける「うるおい」のポイントについてお伝えしていきたいと思います。

肌の乾燥は老けて見える原因に

水分がたっぷり、ピンっとハリのある肌は、年齢よりも若く見られます。朝はしっかりと保湿を意識してスキンケアをしても、日中の冷暖房や生活環境で、夕方になると「ほうれい線」や「目のまわり」の感想が気になるという方も多いのではないでしょうか。このような場合は、気になる「乾燥じわ」を放っておかないでメイク直しをしましょう。

乾燥ジワのメイク直し方法

1) まずは、乾燥をしてシワになっている部分に、保湿効果のある美容液や保湿クリームを優しくなじませます。

2) 美容液やクリームを塗った上から、少量のパウダーでおさえてください。肌がふっくらよみがえります。

POINT化粧水はのせた瞬間、清涼感があり気持ちがいいのですが、すぐに蒸発をして、さらに肌の乾燥を招いてしまいます。少し小さな容器に保湿クリームを小分けにして、ポケットに忍ばせておくと、とても便利ですよ。

メイクのプロおすすめアイテム

最近ではメイク直し用のアイテムも、とても人気があります。スマートで持ち運びもしやすいのでおすすめです。

MiMC ビオモイスチュアスティック

IPSA ザ・タイムR デイエッセンススティック

乾燥はアイシャドウ崩れも…!

目のまわりの皮膚は、他の部位と比べると1/3ほどの薄さで、乾燥もしやすい箇所になります。とくに、上まぶたの乾燥は、時間が経つと小じわを目立たせ、アイシャドウが崩れてしまう原因にもなります。

何色かを重ねてグラデーションをつくるアイシャドウですが、パウダーアイシャドウを重ねることで余計に乾燥が目立ち、肌なじみが悪くなってしまいます。

そんな時におすすめなのが、クリームアイシャドウやアイシャドウベースと呼ばれるアイテムです。手にとって、まぶたに優しくトントンとなじませてください。まぶたの保湿をしながら、しっとりとうるおいある目もとをつくってくれます。

ただし、クリーム状のものなので、ヨレが気になる方は、その上から通常のパウダーアイシャドウを軽く重ねてみてくださいね。

メイクのプロおすすめアイテム

THREE ウィスパーグロスフォーアイ

コスメデコルテ アイグロウジェム

頬の乾燥が気になる方のチークはこれ!

頬の部分の乾燥は、キメの乱れや毛穴を目立たせてしまいます。その上に、パウダーチークを重ねるとさらに「粉々しく」」老けた印象に。

頬の乾燥が気になる方は、保湿力の高い「クリームチーク」や「リキッドチーク」がおすすめです。

ベースメイクの時に、リキッドファンデーションの後にのせて血色をつけ、上からパウダーでおさえてあげると、チークのモチも良く、乾燥対策にもなります。適度なツヤ感も表現してくれるのも利点です。

メイクのプロおすすめアイテム

わたしがおすすめするのが、美容オイル効果もあるクリームチーク。乾燥が気になる方にも使いやすいアイテムです。

ディエム クルール グローブラッシュスティック

唇の保湿は女性らしさを引き立たせます

顔の保湿はもちろん大切ですが、女性らしさを一番際立たせてくれる「唇」の保湿は必要不可欠な要素です。

うるおいのあるプルプルとした唇は、とてもお手入れが行き届き、生活の丁寧さを感じますよね。角質層や皮脂腺、汗腺がほとんどない唇は、他の部位と比べてもやはりとくに乾燥しやすい部位になります。

今年流行りのマットリップですが、うるおいのある唇だからこそ映えるアイテムです。乾燥した唇にのせてしまうと、縦ジワが目立ってしまい、せっかくの流行アイテムも残念なことに。唇も、日頃から保湿ケアやUVケアはとても大切なんです。

メイクのプロのおすすめアイテム

潤いを与えながら、カラーをも楽しむことのできるリップオイルやグロスはとても使いやすいです。

クラランス  コンフォートリップオイル

美容効果の高いリップケア用品で、唇もアンチエイジングを目指したいものですね。

オバジ ダーマパワーリップエッセンス

またメイク前のリップケアは、スキンケアやベースメイクの間に行うことをおすすめしています。口紅の直前にのせると油分ではじいてしまい、塗りムラになってしまう可能性も。前もっておこなっておくことで、リップメイクの際にはちょうど良い潤い感を発揮してくれますよ。

おわりに

美しいメイクの要は『保湿』から、と言っても過言ではないくらい、メイクと保湿の関係は切っても切れないものです。乾燥自体をメイクで隠すことはできませんが、使うアイテム選びにより乾燥を軽減したり、ツヤを表現することは可能です。うるおいあるお肌は七難をもカバーしてくれますね。スキンケアとメイクから、どうぞ『うなはたけ』の美肌を目指してくださいね。

山田 麻衣子

6,654 views

【メイク講師、美容のプロを育てる専門家】京都にてメイクスクール『Make-up Atelier Ma*Vie(マヴィ)』を経営。「100人女性がいれば、10...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。