BEAUTY RECIPE
美肌を作る簡単レシピ

美肌を作る簡単レシピ体が喜ぶ美容ごはん

鮭とあさりの炊き込みごはん

レシピ写真

材料(2人分)

2合
生鮭
2切れ
あさり(殻つき砂抜き)
150g
しょうが
1かけ
ごま油
小さじ1
白だし
大さじ1/2
大さじ2
白こしょう
少々
少々
【飾り】三つ葉
1/4株
【飾り】いくら
お好みで

作り方

レシピ写真

  1. 生鮭は、1口大の大きさに切り、骨を取り除き、塩、こしょうをふる。しょうがは、千切りにする。
  2. フライパンを中火で熱し、ごま油をしき、生鮭に焼き色がつくように炒め、あさり、しょうがを加え、酒をふりかける。
    蓋をして、あさりが開くまで蒸し焼きにする。
  3. 研いだ米を炊飯器にいれ、【2】と白だしを加え、炊飯器の水目盛にあわせて水(分量外)を加え、炊く。
  4. お茶碗に盛り付け、2cm幅に切った三つ葉、お好みでいくらを飾る。

※鮭を炒める際に、カレー粉やバターを加えると洋風な仕上がりにもできます。

※鮭に多く含まれるビタミンA(アスタキサンチン)は、粘膜の正常化を助ける働きがあります。しょうがとともに風邪予防にもおすすめの1品です。

ポイント

鮭はビタミンDやB群類(B1、B2、B6、B12)も豊富です。ビタミンDはカルシウムの吸収を高めて骨の老化を防いだり、筋肉の機能を維持する作用があります。骨粗鬆症を予防したい人、幼児、高齢者、妊婦、などにとってもおすすめです。

ビタミンB1は、ご飯やパン、砂糖など、糖質の分解を助け、脳の中枢神経や手足の抹消神経の機能を正常に保たせます。不足すると疲れやすくなり、手足がしびれて、むくみや動悸、食欲不振、イライラなどの症状が現れます。

ビタミンB2は、エネルギー代謝をうまく促し、健康な皮膚や髪、爪などをつくります。不足すると、口内炎や肌荒れ、髪のトラブルのほか生活習慣病の原因になります。

ビタミンB6は、免疫機能を正常に維持するうえで欠かせない栄養素で、神経伝達物質の合成や、脂質の代謝、ヘモグロビンの合成にもかかわっています。不足すると、アレルギー症状が出やすくなったり、皮膚炎、貧血などになったりもします。

ビタミンB12は、葉酸と協力しあって赤血球の産生に働くほか、神経細胞内のたんぱく質や脂質、核酸の合成を助け、神経系を正常に働かせます。不足すると記憶力や集中力の低下、貧血、食欲不振、消化不良といった症状が現れることがあります。

よくある質問
メルマガ登録
WEB会員について
送料について
定期便について
お支払いについて

PAGE TOP