BEAUTY RECIPE
美肌を作る簡単レシピ

美肌を作る簡単レシピ体が喜ぶ美容ごはん

鮭のチーズパン粉焼き パセリソース

レシピ写真

材料(2人分)

生鮭
2切れ
粉チーズ
大さじ1
小麦粉
大さじ1
溶き卵
1/2個分
パン粉
大さじ2
塩、こしょう
少々
EXVオリーブオイル
大さじ2
★パセリソース
   
パセリ
1/2束
たまねぎ
1/4個
A:レモン(絞る)
大さじ1
A:EXVオリーブオイル
大さじ1
A:塩
少々
A:白こしょう
少々
★付け合せ:粉ふきいも
   
じゃがいも
1個
小さじ1/4
白コショウ
少々
ハーブミックス(乾燥)
小さじ1/2

作り方

レシピ写真

  1. 生鮭の皮をはぎ、塩、こしょうをふる。骨を骨抜きで取り除く。
  2. パセリソースをつくる。パセリ、たまねぎをみじん切りにし、たまねぎは水にさらす。ボールでAとともにあわせ、味をなじませる。
  3. 【1】の鮭に粉チーズ、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
    フライパンにオリーブオイルをしき、中火で熱し、表になる面から鮭を入れ、両面をしっかりと焼く。
  4. 皿に【3】と付け合せの粉ふきいも(作り方は下にあります)を盛り付け、【2】のパセリソースをかける。

粉ふきいもの作り方

  1. じゃがいもは皮をむき乱切りにする。鍋にひたひたの水とじゃがいもを入れて蓋をし、串がすっと入るまで茹でる。
  2. 蓋をずらしながら湯を切り、塩、こしょう、ハーブミックスを加え、蓋をして数回鍋をふる。

チーズとパン粉でさらにさくさくの仕上がりになります。ビタミンCがたっぷりのパセリソースをかけることで、香りもよくさっぱりとしたメニューになります。

ポイント

鮭は身が赤いので、赤身魚と勘違いされやすいですが、じつは白身魚。アスタキサンチンというカロチノイド色素のため、赤く見えるのです。この色素はカロテンの仲間ですが、ビタミンAとしての効果はありません。ただし、活性酸素に対する抗酸化作用があることで知られています。

鮭は、白身魚にしては脂質が100g中4.1gと多めで、この脂質にはIPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれています。IPAとDHAは、血栓を予防し、血管を拡張する作用があります。また、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らします。なので、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、高血圧といった生活習慣病の予防に役立ちます。そして、がんの発生を少なくし、がん細胞の転移を制御したり、抗がん剤の副作用を軽くする作用もあるといわれています。さらに、DHAは、脳や神経組織の機能を支えています。

IPAやDHAを有効に摂取したいなら、脂質を落とさない調理法がおすすめです。例えば、アルミホイルで包む蒸し焼きや、小麦粉をつけて焼くムニエル、揚げ物などがおすすめです。また、粕汁やシチュー、お鍋にするのもおすすめです。

よくある質問
メルマガ登録
WEB会員について
送料について
定期便について
お支払いについて

PAGE TOP